ページ

2014年4月4日あとで読む

NVIDIAドライバー更新後のエラーはセキュリティのアクセス許可を変えると収まる

NVIDIAのドライバーを更新した所、またまたエラー発生。
んで、nvlddmkm.sysのセキュリティを変更したところ、症状が出なくなりました。

nvlddmkm.sysのセキュリティを見てみると、自分(一般的にはAdministrator)が追加されていないので、アクセス許可に追加してやる必要があるみたいです。

なので、nvlddmkm.sysのファイル全てにアクセス許可を追加してみました。
やり方わかっている人は一度試してみてください。

以下はやり方記載しておきます。


先ず、Windowsボタンをクリックして「コンピューター」をクリック。「ローカルディスク(C;)」をクリック。出てきたウィンドウの右上の検索窓にnvlddmkm.sysと入力して検索。

出てきたnvlddmkm.sysを右クリックしてプロパティを左クリック。





セキュリティタブをクリックして、「詳細設定(V)」をクリック。




おそらく所有者を設定しないと、アクセス許可が追加できないので、先に設定する。設定されている場合はアクセス許可を設定すればよい。




画面上ではすでにAdministratorが入っているけど、他のユーザー又はグループをクリック。




詳細設定をクリック。




検索をクリック




AdministratorをクリックしてOKをクリック。(私はAdministratorsにしてます。違いはググってちょ)




OKをクリック。




OKをクリック。




で、これも既に含まれているけど、下記のようにアクセス許可のエントリにAdministratorを出すために、アクセス許可タブをクリックして、アクセス許可の変更をクリック。




詳細設定をクリック。





検索をクリック。




所有者を設定した時と同じに。



これでアクセス許可のエントリにふくまれたので、OKをクリック。




編集をクリック。




赤い矢印のところをクリックすると、その下もすべてチェックが入る。後は適用かOKをクリックすれば終了。



これを、nvlddmkm.sysの名前が付いているファイル全てに施す。
結構だるいけど、エラー出さないためには仕方ないっすね。


セキュリティ対策のためにアクセス許可は必要だけど、ドライバー更新するたびにこんな手間暇かけないといけないドライバーばっかりじゃなく、もうちょっとすんなり更新して欲しい。。。

NVIDIAはグラフィクいいけど、こういうとこ雑であんま好きになれないな。




0 件のコメント:

コメントを投稿